海外旅行保険を格安で手に入れる方法


格安海外旅行保険の比較とおすすめ海外旅行保険を比較したり、おすすめを探したりする上で重要なことは何ですか?

海外旅行保険の口コミやおすすめは様々です。
しかし、少なくともどの海外保険でも比較した結果、かなりの保険料がかかるのは分かります。

そして格安な海外旅行保険はなかなかありません。

ところで、海外旅行保険にクレジットカードで入る方法を知っていますか?
実はこの方法、格安どころか実質無料で海外旅行の保険をゲットすることが出来ます。

 

初めに、海外保険の相場は、例えば北米に7日間の場合、約3000円~5000円です。

万が一のためとはいえ、やはり数日間のための掛け捨て金としては高いと感じる人も多いかもしれません。
また、出来ればなんとか安くしたいと思う人は少なくともいると思います。

 

そこで無料の方法の紹介です。

これは、海外旅行保険の口コミなどで知ったわけでも無く、たまたま発見した方法です。
そのため、多くの人は既に持っているのに存在に気づいていないか、活用方法を理解していないだけかもしれません。

 

それはクレジットカードの付帯機能として、海外旅行保険が備わっている年会費無料のカードを使う方法です。

クレジットカードには、付帯機能・特典として様々な特典があります。
そして、中には海外保険の機能があるものが存在します。

ただし、年会費無料のクレジットカードでありながら、海外旅行保険も付いているタイプは限られます。
また、保険適用内容も様々です。

私はたまたま自分持っていたカードが年会費無料であり、しかも海外保険も付いているものでした。
ある日、カードの利用可能額を調べている中で、発見がありました。

 

そんな私も複数使ってきた中で一般的におすすめ出来そうな年会費無料のクレジットカードは、楽天カードです。

さすがに有料で加入する海外保険と比較すると、補償額に差は多少ありますが、下記の補償内容で私としては海外旅行保険としては比較しても、このカードは年会費も無料であり、十分なカードではないかと思います。(変更される場合あり:最新版は上記リンク先で確認ください)

傷害死亡・後遺障害: 最高2,000万円
傷害治療費用:    最高200万円
疾病治療費用:    最高200万円
賠償責任:      最高2,000万円
救援者費用:     最高200万円
携行品損害:     最高20万円(免責3,000円)

なお、保険の適用条件には、事前の準備が必要な場合があります。
詳細は変わる可能性もあるため、実際に海外に行く前に確認は必要です。

************参考までに、例えば現在の楽天カードの場合************
「日本を出国する前に、公共交通乗用具(*1)か募集型企画旅行の料金をカードで支払う場合に限り、海外旅行傷害保険が付帯」
期間は日本を出発してから3ヶ月後の午後12時まで
とあります。

*1 公共交通乗用具
例えば、自宅から出国空港までの電車代(バス、タクシーなど含む)をカード払いすること。
****************************************************************

このようにクレジットカードによる海外旅行保険は、年会費無料ということで、実質無料で海外旅行保険に格安に加入することが出来るひとつの方法です。

 

PS
他にも海外旅行の準備や持ち物リストに欠かせない計41の事があります。今すぐ合わせてチェック!
海外旅行に必需の持ち物リスト21
海外旅行の準備チェックリスト19

 

 

PPS
少しでもお役に立てましたら、↓ブックマークやSNSで広めていただけたら嬉しいです!