海外旅行の計画プランの立て方


海外旅行の準備計画プランの立て方海外旅行の準備計画を予約・旅程(日程)プラン立てまで行う流れやコツは「海外旅行の準備チェックリスト19」で紹介しましたが、そもそも海外旅行の各種予約をするまでの流れと手配順はどのような流れがよいのでしょうか?

・ ホテル予約が先?
・ 航空券手配が先?
・  電車やバスの確保が先?
・ 観光巡りの計画が先?
・ その他の準備確認が先?

 

ここでは私の経験上、効率良い海外旅行の計画の立て方を紹介します。

実は、海外航空券や海外ホテルの予約の前に計画準備すべきことは沢山あります。

海外旅行の準備チェックリスト19」を行う前や平行してご参考ください。

 

1. 行く日~帰国日を決める
最初はこれ。これを決めることで他への準備計画をスタートできます。

2. 勤務先や学校などへその期間に休みを取得できるか確認する
意外にここでつまずくことがあります。この段階でしっかり確認しましょう。

3. 行く国を決める
ここは自由に決めましょう。しかし、はっきりと行きたい国を絞り出しましょう。

4. 帰国日+最低3ヶ月以上有効のパスポートであるか確認する
渡航先
国ごとに、入国や帰国のタイミングで一定の有効期間が残っている必要があります。行く国をはっきりさせた上で、しっかり確認しましょう。有効期間が不足な場合は、新しいパスポートの発行までに時間がかかる場合がありますので早めに申請しましょう。

5. 行く国への入国上、VISAの必要有無を確認する
パスポート同様に国ごとに条件が変わります。行く国を予め明確にして大使館・領事館などへ確認しましょう。

6. 行く国ごとに具体的にどこへ行きたいのかを決める
いきなり全部考えられなくても、ある程度は具体化させましょう。この先の計画プランの準備に影響します。また、本当に当初予定している旅行日数で足りるのかの再確認にもなります。

7. 具体的に行きたい場所に営業時間の設定がある場合、行く予定の期間で休業日が無いか?を確認する
思わぬ休業を現地で知っては大きなショックを受ける前に事前確認しましょう。絶対に生きたい場所なのに万が一の休業と被ってしまう場合でも、この段階での発見であるならば、旅行の日程変更に間に合います。

8. 「海外旅行タイムスケジュールの準備の仕方」のポイントを抑えた旅程スケジュールを計画する

9. ここまでに無理が無い場合は、ついに旅行代理店もしくは個人で航空券→ホテルの順に予約手配する(もしくは航空券+ホテルのセットツアーを手配する)

10. 必需品となる持ち物リストを作る

11. 持ち物をチェックリストと共に準備する

12.  スーツケースに入れて出発!

 

以上です。

これらの順番を意識して計画プランを立てることで、後になって「あぁ、これ忘れてた」「あぁ、これじゃ日程が駄目だ」といった後悔を回避できるだけでなく、普段の生活や仕事もしながら効率的に海外旅行の準備が出来ます。

 

良いご旅行を!
高橋

 

PS
少しでもお役に立てましたら、↓ブックマークやSNSで広めていただけたら嬉しいです!