中世の街並みの観光旅行におすすめなヨーロッパの町 3選


チェコ・プラハの画像中世の街並みをヨーロッパで観光したい思いで、実際に海外旅行として行っておすすめしたい国と町を3つ紹介します。

3選しましたが、甲乙付け難い、どの場所も異なる魅力がいっぱいです。

 

カンタベリー(イギリス)
イギリス(英国)といえば、田園風景が最初の印象。
その次はロンドン。

しかし、自身がイギリスへ行くことを決めたとき、いくつかの街の紹介を観光ブックで眺めていると、最初から最後まで興味を持ったのが「カンタベリー」でした。

とにかく中世ヨーロッパの街並みとしてイメージしやすい建物や大聖堂に心躍ります。

そして、この後紹介する2つの街とも異なる、何ともイギリスらしさのある魅力的な風景がそこにはありました。

 

ブルージュ(ベルギー)
ベルギー・ブルージュの画像
赤い屋根の家々が並ぶ世界。
私のヨーロッパのイメージはそれでした。

そして、何かのパンフレットで「ブルージュ」という名を知りました。
ベルギーと言う国と首都のブリュッセルは知っていましたが、「ブルージュ」という名は、その時はじめて知りました。

しかし、赤い屋根の家々が並ぶ風景のインパクトは大きく、実際に自身の目で見てみたい思いで訪れました。

それほど大きくない街の美しい風景。
期待を裏切りませんでした。

贅沢な風景を楽しむ前後に、オシャレなオープンカフェでいただいたコーヒーは、日本ではありえない至福のときでした。
海外旅行 ブルージュ

 

プラハ(チェコ)
チェコ・プラハ
チェコという国自体を知らない中で、友人を訪ねる目的で当初行きました。

しかし、街に到着した瞬間、その美しい街並みに心奪われました。

特に写真の天文時計は、当時よく歴史を知らない中でも、目の前にして何か神秘的に伝わってくるような感覚になりました。

橋の上から街並みを眺めるも良し、実際に路地を歩いても良し。
実際に行ってから、もう何年も経ちますが、今でも素敵な街であった記憶が鮮明に残っています。
ヨーロッパ海外旅行:プラハ(チェコ)

 

あなたのヨーロッパ方面の海外旅行の準備や計画の参考になれば幸いです。

 

PS
少しでもお役に立てましたら、↓ブックマークやSNSで広めていただけたら嬉しいです!