海外旅行でのお金の持ち方 財布で分散管理する必要性


海外旅行でのお金の管理 財布で分散させる持ち方海外旅行となると、日本とお金の種類が変わります。

日本円が使える国もありますが、やはり基本は渡航先現地で一般的に使える通貨・貨幣を持っているのが安心です。

必要国でのチップの支払いや急な買い物、特に現金しか支払いに使えない所では便利且つ必需品です。

しかし、現金には両替の手間や手数料があります。
また、防犯上たくさん財布に入れていると不安にもつながります。

 

そこで、現金以外にも分散させて管理する方法があります。

その代表格なのがクレジットカードです。

・ クレジットカード
クレジットカードの利点は、カードが使える場所ならば買い物をする段階での為替レートもしくはカードに請求が発生する段階での為替レートで精算されるだけですので、両替のように毎回手数料が発生しません。

また、当然ながら両替という手間もかかりません。

サービスによっては、クレジットカードがなければ利用できない場合すらあります。

万が一紛失した場合も、直ぐにカードの停止措置をすれば、リスクを最小限に食い止められます。

つまり、現金+クレジットカードで海外へ行くこと自体が、ほぼ必需品となっているとも言えます。

クレジットカードは日本で作るもので構いませんが、必ず海外でも使えるタイプであることが必要です。

今では多くのカード会社が存在します。
特徴も様々です。

そして、カードによっては海外旅行者にとって心強い特典(保険など)を持っているカードもありますので、よく比較して発行しましょう。

この点については、以前のこちらをご参考ください。
海外旅行保険を格安で手に入れる方法

 

海外で旅行=生活を有意義にするためにも、お金の持ち方を分散管理することの検討をしてみていはいかがですか?

 

PS
少しでもお役に立てましたら、↓ブックマークやSNSで広めていただけたら嬉しいです!